2017.03.23

ポルタジェノヴァ駅前にて

ミラノ中心部の南西エリアに運河地区があるが、その脇に地下鉄とトレニタリアの駅がある。
イタリア版JRの駅といえばいいのだろう。
ミラノ
夕暮れ時、通り過ぎるトラムと、家路につく人々。
トラムの向こうから、哀愁漂う歌声が聞こえてきたが、それは老夫婦の歌声だった。
2017.03.22

エドゥアール7世広場を通り抜けて

広場の向こう側。
建物下のトンネルを抜けると、道がいくつかに分かれていた。
この建物下の部分が、何通りであるのか?わからない。
パリの道
振り返ると、エドゥアール7世騎馬像の背後姿。
音の響きそうな、静かな風景ですね。
2017.03.21

Elišky Peškové エリシュキペシュコヴェー通りから

エリシュキペシュコヴェー通りへ入ったところ。
舌を噛みそうな名前であるが、チェコ語らしいかも。
プラハ
振り返ったら、紅葉に膨らむ山が見えた。
トラムがやってくるのを待って、何枚か・・。
2017.03.20

マーチン・ルーサー・キング公園 緑

日本の公園は、土の見えている面が多いような気もする。
小さいころは、週末は公園で野球だった。
土曜の午前中授業中に、打順と守備を決めていた記憶がある。
パリの公園
フランスなら、サッカーということになるのだろう。
だからというわけではあるまいが、芝面の多い公園が多い。
緑色が日本より多いといった方がいいですかね。
2017.03.19

Rue de la Fontaine du But フォンテーヌ・デュ・ビュット通り

モンマルトルの丘を北に下る。
丘を取り囲むように走る通りが、ラマルク通りである。
だが、ここは、丘の終わりではなく、まだ3合目か4合目か。
パリの道
さらにその下が待っている。
メトロ12号線のジュールジョフラン駅から、ラマルクコーランクール駅まで登ってくる。
ラマルクコーランクール駅は、面白い位置にある。
階段の途中が入り口なのだ。
その入口へ向かう坂と階段が、このフォンテーヌ・デュ・ビュット通りだ。

どん突きが階段というのが、いかにもモンマルトルらしい。
歩くの好きな人にとっては、なんとも、いい雰囲気ですよね。
嫌いな人には、メトロ乗るための、あの階段が、恨めしいかもしれません。

階段が長く思えるか?
意外と短く見えるか?
そこが、その分かれ目ですね。
2017.03.18

サン・ヴァアスト・ラ・ウーグのドイツ軍の要塞

海に突き出たような半島の突先に、ヴォーヴァンの塔がある。
その途中、まっすぐに半島をあるいてゆくのだが、これは、右と左で高さが違う。
突先に向かう右側は低く、自動車道であるのに対し、左側は、防波堤のようになっている。
高い方側を歩いてゆくと、海に気をとられ、地震は防波堤上を歩いているだけだと思ってしまう。
しかし、帰り、自動車道側にはこんな風景が待っていた。
サン・ヴァアスト・ラ・ウーグ
これは、オマハビーチやゴールドビーチなどで見かけたドイツ軍のそれと同じ。
そういえば、このサン・ヴァアスト・ラ・ウーグは、オマハビーチのちょっと先といっていい場所だ。
だから、同じような防衛施設が造られているのだろう。

それにしても、ヴォーヴァンの考えていたことと、ドイツ軍の考えていたことは似ている。
というよりも、対英の地形がそうさせるのであろう。
征服王は、ここから英国へ軍隊と共に行ったわけだしね。

いくつもの戦いと時を経て、人自身を傷つける武器だけは、随分と進化しているようだけど。
星規模で考えたら、アリの右足の一つに、砂粒が付いたようなものなのかもしれない。
2017.03.17

カランタンの港の公園

運河の一番手前、運河の行きどまり部分はカランタン市である。
運河の右は、市外になるが、ここから左側はカランタン市内。
カランタン
運河に向かって正面の緑地は公園になっていて、この辺りは、ちらほらと観光客らしき人達や、地元の人らしき影を見かけた。
ちょっとした、散歩ゾーンといった感じだが、日向ぼっこしたくなるような雰囲気だった。