FC2ブログ
2011.03.07

NO.104 動詞の不規則活用 écrire

読むlireをやったので、書くも覚えておくべきだろう。

écris
écris
écrit
écrivons
écrivez
écrivent


radical 単数ecri 複数ecriv
terminaison 単数SSTシリーズ、複数er動詞

この単語、書くという意味だが、この単語一つで、手紙を書く(出す)という意味にもなる。そんな使い方も多いから、誰々に書くという場合は、誰々に手紙を出すという意味になる。


先日、覚えておくべき命令形で
décrivez
描写しなさい。

をリストに入れておいたが、この動詞の原形は
décrire
である。
活用は全く一緒だから、覚えやすい。


ここで、話になるのは、とある動詞にdがつくと、もとの動詞の否定の意味になりそうなものであるが、そうはなっていない。
もともと、書くという意味であって、増減とか上下みたいなおよそ相対的な単語が存在する単語ではない。
だからであろう、と勝手に推測する。
もしかすると、détail(細かい、ディテール)をécrireするという奴の短縮形で、ネットゲームをネトゲと略すのと同じ発想でできているかも知れぬ。
むろん、こちらの勝手な想像だが、単語は覚えればいいものであって、その由来は、会話では必要ない。
細かく書く、すなわち描写するであるから、こんな単語であるのだと決め付けておいても、なんら問題はない(笑)
言葉を略すことを否定する保守派もいるが、そういったところは、人間の性であって、実のところ新しくもなんでもないのかもしれぬ・・・・とécrireから話を膨らませることができる。

うそつき呼ばわりされぬために、くれぐれも、この話を自慢げに外でしないように!
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/956-d9a9b5c5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する