FC2ブログ
2011.02.25

Rue Mallet-Stevens マレ・ステヴァン通り

110225-1
通りの看板名のとおり、建築家の名前のついたとおりである。私道である。
この人の作った建物が並んでいる通りなのだ。
110225-2
この通りへやってくると、中国人カップルがデジカメで撮影していた。
ルーブル、オルセー、凱旋門といったガイドブックではなく、詳細が載っているようなガイド本には載っている通りであるし、建築に興味があれば、その手の情報から、ここへたどり着くことはできよう。
そういったことに興味のある人は、この通りやギマール建築その他を見ながら、ブラブラ16区歩きを展開するはずだ。
110225-3
こういったある種マニアックな場所でも、中国の方と出会うところが、あの国の経済発展を物語っているような気もするし、模倣の国もいずれは、オリジナリティあふれる国と変貌してゆくに違いない。
なんといっても、はんぱない人口であるのだから。
白い建物に目を取られるが、個人的には、黒の格子部分が、なんともフランスっぽいと思えるのである。
この格子窓こそ、フランスの建物の無機質感と、重厚感、エッフェルのあとも続く鉄のイメージを、わしに連想させるのである。ただ、ワシの子供心は、あの赤い丸屋根の下に入ってみたい衝動に駆られるのである。
これをさらに楽しくしちゃったのが、フンデルトヴァッサーなのかも知れぬ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/951-cc64e232
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する