FC2ブログ
2010.12.17

Rue François Millet フランソワ・ミレー通り

16区の坂道を下って、川沿いの低地にある、短い通りだ。
フランソワ・ミレー通り。バルビゾン派の”落穂拾い””晩鐘”で有名な画家の名を冠する。
101217-1
奥の建物の方が、とても古い感じがする。
手前の白い建物がギマールである。もちろん、ギマール臭漂う建築だ。
101217-2
1910年だから、もう100年を越えた。
ギマールのサインの脇にある、小さな排気口がギマールらしいのがいい。ギマールのこのデザインはいつもパンダに見えるのだ。アール・ヌーヴォーとかいうなんちゃらしいフランス語でいうより、パンダとか、カタツムリと言った方が、愛らしくて親しみやすい。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/906-f07640e5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する