FC2ブログ
2010.12.08

マルセイユ9 地中海地方

101208
マルセイユは、逃げてきたマグダラのマリアらが到着したところとも言う。
もちろん、そのときはこのお城はなかったろう。

そんなことを考えながらグーグルマップを開いてみる。
マルセイユの位置を確認しつつ、画面目一杯に地中海と右上の黒海が入るほどにしてみる。
地図は消して、航空写真だけ(地名表示せず)にしてみる。国境というのは、あくまで現在の行政区画でしかない。

北アフリカから、欧州の南部分が見える。もちろん、シリアやヨルダン、イラク辺りも見えるだろう。
場所がわからぬ人は、一瞬、地図表示しつつ、エルサレムとマルセイユの位置を確認してみる。
そして、地名表示は消す。

その距離感を知るために、縮尺を変えずに、マウスでアジア方向(東方面)へ地図を動かしてみる。
すると、日本が見えてくる。
どうだろう?
私としては、ギョッとするほど日本がでかい。

欧州と比較してみると、ビックリするほど日本は大きいのである。

さて、マグダラのマリアの逃避行、北海道から沖縄ほどである。

少なくとも、欧州から、地中海帝国ローマ帝国地方から見る限り、日本は、日本人が交通標語と共に叩き込まれるほど、狭い日本、小さな日本という米粒サイズではない事を実感する。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/899-3e827680
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する