FC2ブログ
2010.11.01

NO.92 動詞の不規則活用prendre

prendreは英語でいうところのtakeにあたる。
タクシーに乗る、電車に乗る、バスに乗る。これらも全てprendre
"乗る"って言っているのに何でだ!と言わず、"乗る"で考えず、"捕まえる"と考えたらイメージしやすい。

食事を取る、ヴァカンスをとる・・・
そいつを採る、獲る、取る、撮る。
"とる"は全てこれである。
だから、選択する(選んで採る)とか写真を撮るもこいつになるのだ。

選ぶってさぁ他に単語あるじゃん!
いやいや、選ぶ行為と、選んだ後採る行為の違いですわ。
こんな微妙な差は、日本語でもどの言語でも存在する。言葉が生きとる証拠ですな。

しかも、自分の事を言うときに使うことが多いから、主語がJeで会話に出現する率は高い。

旅先で
これ、とっていい?
これ、つまんでいい?
これ、食べていい?
これ、写真撮っていい?
これ、つかんでいい?


多くのシーンで使える。
しかも、既出のpouvoirvouloirプラスアンフィニティフの文で幅は果てしなく広がる。
pouvoirとvouloirとアンフィニティフがわからぬ人は、だいぶ遡った方がよろしい。
もちろん、これに”エスコンプー”も加えれば、無敵に会話できる。
そうそう、だんだん、皆さん、言葉はヒアリングが大事だと気が付いてくるでしょう。

je prends
tu prends
il prend
nous prenons
vous prenez
ils prennent


単数
語幹 prend
語尾 SS無しシリーズ

複数
語幹 pren(ただし、ilsはn重ねる)
語尾 er動詞と同じ

まあ、今まで出てきた不規則活用動詞と、どうっていうほど違いはない。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/874-c4cdeb9d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する