FC2ブログ
2010.09.01

スターアライアンスでパリへ

スターアライアンスに乗ると、今のところ、CDG1へ到着することが多いようだ。
このCDG1の不評部分をそっくりそのままひっくり返したようなのがCDG2である。
出国したらすぐ飛行機と、出国してからながーい動く歩道の違いである。


CDG1はとうちゃくすると、まず、入国審査するまでに、この、延々と続く長い動く歩道に乗ることになる。
入国審査をすると、別にどれに乗ったからといって特に意味のない、空中チューブのエスカレーターというか、動く歩道。
荷物を受け取って、さあ、パリへ!
という仕様である。


鉄道で市内と空港を行き来する場合、大きい荷物をもっての移動距離の短いCDG1の方が個人的には優れているように思うのだが・・・・・・。


CDG1の場合、一昔前までは、鉄道に乗るためには、ナヴェット(バス)に乗らねばならなかった。
その乗り場も分かりづらく、バスに乗って空港駅へという人は、あまり多くいなかったものだと認識している。

ところが、いまや、CDGVALという無料のトラムで移動できるから、以前よりも楽になった。

ただ、その、CDGVAL乗り場は、以前のバス乗り場なのである(笑)
構造上仕方の無いことであろうが、バスよりも、駅停車の列車の方が、乗る人に安心感が多いのかも知れぬ。


100901-1
そのCDGVALへ向かうには、柱番号36番の左右にあるエレベーターで階下に下りる。そこから外に出れば、もう目の前が駅だ。

荷物をとって、カスタムを通過すれば、大抵この36番辺りに出てくる。
うろうろする手間はない。

100901-2
不安であれば、この表示を見れば間違いなかろう。

新しいはずの方のCDG2より、いまや、こちらの方が、鉄道で市内へ向うには便利かも知れぬ。
大きい荷物をとってから、歩かねばならぬ距離はいたって短い。

もっとも、エールフランスの人は、話は別かも知れぬ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/835-6edf2915
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する