FC2ブログ
2010.08.23

日本人が好きなフランス語

夏休み疲れの本日もカルーイ話を。


日本人が好きなフランス語といえば、
un peu
peut-être
である。


良くフランス人から、笑いながら、こんな話をされる。
一種の揶揄であるが、別段深刻な話ではない。

フランス語はなせる?
少し。
あなたはどうなの?
こうだと思う、多分。

日本人にとって、謙譲は得意で、尊敬は不得意であるってな感じがしてならない。
リスペクトしすぎなんて言葉も良く聞くが、謙譲も、場合によっては卑屈にとられかねないだろう。

こうした文化や意識の違いは、留学中のフランス語のクラスでも如実に出てしまうのだが、恐れることはない。
郷に入れば郷に従えとも言うが、なにも、日本人でなくなってしまう必要はない。
謙譲していたらいいのだ。

日本人というより、自分流でいいのである。
指摘されたら、日本人は皆こうだよ!多分”とやってしまえばいいのである(笑)
おそらく、こうしたオヤジギャグ的なものは笑いがとれる。


わしもそうであったが、留学先で、クラスの中で取り残されそうになったら、また、そう感じたら、
開き直りこそ語学上達の道
なのである。
プテートル・アンプー人になってしまおう。
単語数の欠如を出来ない理由に挙げる人もいるが、大丈夫。
この問題は死ぬまでついてまわるから、諦めるしかないのである。
1日一つ”名詞以外”の新しい単語を覚えていったら、おそらくとてつもなく単語に詳しくなるに違いない。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/828-ea3c8249
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
>如術

如実では?
Posted by at 2011.08.24 12:34 | 編集
如実ですね。ありがとうございます!

> >如術
>
> 如実では?
Posted by アベイユ at 2011.08.24 17:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する