FC2ブログ
2010.08.04

依存型の旅

100804
このブログを読むような人は、ツアーでフランスを訪れるにしても、旅行会社に完全お任せという人は少ないだろう。
そういう人は、ネットで事前に調べようともしないであろうからだ。

日本の場合、”金を払ったのだから”という、およそ、責任マル投げ形式の発想の人も多い。
自分も、そういう部分がある。
その点、お店でも、公共の場所でも、基本人と人は同位置に立っているフランスでは、そういう発想でいると、不愉快に感じることすらあるだろう。
逆に、あまりに丁寧に、お客様扱いしてくれている場合、カモにされている可能性すらある(笑)

実際、旅というのは生ものだ。相手は、自然や人なのだ。
いくらお金を払っていても、依存していれば、制限はつきものであることを理解しておかなければならない。

フランスに詳しい人が同行者にいても、フランス在住の知人がいても、その依存は、程度が必要だ。
その依存愚痴は、フランス在住者の酒の肴になることすらある。(笑)

その依存は、うきうきした旅行だけに、怪我、迷子、スリといった小事件や、全く予期しないトラブルに巻き込まれやすい。
これから円高のお盆を迎える。
ツアーで出かける人も多かろう。
ちょっとしたことをネットで調べたり、本で調べたりしておくだけで、自意識は変わってくるものだ。
トラブルの少ない旅に出かけましょう。



実は依存型の旅行の最大のトラブルは、日本に帰国後起きる。
そう、写真を見ても、数ヵ月後には、それがどこであったか、何であったか?
もう思い出せないのである。教会の名前も、街の名前も、そんなレストランへ行ったのかも・・・・。
覚えているのは、旅先でムカツイテ、大喧嘩したことだけだったりする(笑)
いや、それも思い出ですね。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/815-58a8ca04
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは。

私は2006年春に初めてパリ(というか初めて飛行機に乗って外国の都市)を訪れました。
パリ行きが決定した10ヶ月前から、パリの地図とにらめっこして準備していたのを思い出しました。

「観光者に見られないように」を意識して、防犯や、○○から○○への移動は何号線で…とか、下調べが入念だったおかげで写真を振り返るたびにあのときのワクワク感を未だに味わうことができます。

「基本人と人は同位置に立っている」という言葉、「だからパリは居心地が良かったんだ」と改めて思いました。

ありがとうございます。
Posted by 美宙 at 2010.08.04 19:54 | 編集
ここは人が透けちゃいますね。人臭い街なのかもしれません。
Posted by 管理人 at 2010.08.10 12:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する