FC2ブログ
2010.07.21

最短撮影距離

カフェだったりレストランだったり機内食だったり、結構目の前の撮影があるのが、旅である。
大聖堂を撮影するには広角レンズが便利だよ!なんて話もあったが、広い範囲が映ったほうが良いのは、近くを撮影する場合も一緒だ。

さて、広角でないと、機内食が全て入りきらないよ!なんてこともあるのだが、もう一つ重要なのは、最短撮影距離。
こいつは、なかなか見た目では分からない。

実際、機内食を撮影してみたら、いくらやってもピントが合わない!暗いのかな?なんて、フラッシュ焚いて、無理やり撮影しても、白っちゃけたピンボケ写真が撮れるのがオチだ。

カフェでグラスの撮影をしようなんてコップを並べたら、いくら後ろに背伸びしても、ピントが合わないなんて事もある。
そんなことが無いようにチェックしておきたいのが、最短撮影距離だ。
どの距離でピントが合わせられるか?である。

もちろん、花や虫なんかを撮影するのに、目一杯寄って撮影するレンズはマクロレンズであるが、それ専用でなくても、レンズによってだいぶ違うからチェックは必要だ。
100721-01
これは、55ミリレンズで撮影している。テーブルの前に座ったまま撮影している。


100721-02
これは、ズームレンズで同じ55mm付近で撮影しているのだが、この距離より近いとピントが合わない。
テーブルより、まるまる一歩下がっている。
お店じゃ、周りの迷惑にならぬと取れぬ距離だ。
もっとも、これじゃ、味も素っ気も無い。ごまかしが効かぬほど雰囲気が出ない(笑)


100721-03
上の同じズームレンズで、これはズームして撮影している。
250ミリあたりだからそうとうなズームである。
これなら、一番最初の55ミリレンズと同じような大きさに撮れぬことはないが、先ほども言ったように、一歩下がった位置からで、現実、このレベルじゃ、機内食もカフェもレストランも結構厳しい事になる。

この2枚目と3枚目のズームレンズは45ミリから480ミリという10倍ズームという超高倍率ズームで便利だが、こうした落とし穴もあるのだ。むろん、3枚目は三脚要で撮影である。


こんなことも、旅の写真を楽チンに撮るには事前にチェックしておきたい項目だ。

大聖堂は入りきらぬは、機内食やカフェはピンボケで、夜景は手ぶれじゃ、いくら軽いデジカメでもねぇ。
数あるデジカメでも選びようがある。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/808-83699f6e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する