2010.07.08

また、青列車で

既に数少ない記事の中で紹介した青列車、ル・トラン・ブルー。
喫茶店が併設されているのだが、この喫茶店は、正確に言えば、青列車ではなく、ビッグベンバーである。
100708-01
レストラン名の斜め左下の赤いネオンサインに、そう書かれている。

トラン・ブルーとビッグベンバーの境はないに等しく、カフェ部分には、チュニジアとか、アルジェリアとか、異国、地中海を連想させるサル(部屋)が並んでいる。

今回、どの部屋も満席であったので、通路の席になった。
100708-03
ポワロが青列車の秘密を解き明かしつつ、パイプを咥えているなんて画が想像つきそうなシートだ。

左の席では、出来そうな?サラリーマン風男がパソコンの何かを打ち込んでおり、向かいの席は、太った夫婦の野太い笑い声が聞こえる。
旅にはルイヴィトンの鞄が定番であるが、いかにも似合いそうな雰囲気だ。

この鉄道ファン、旅行ファン、推理小説ファン垂涎のカフェは、旅の計画を考えるのにバッチリの空間である。
シャンゼリゼのベラボウな金額のカフェに比べれば、そうではないが、それでも、他に比べたら良いお値段だ。
それでも、500円少々でこの雰囲気でお茶が出来たら、満足度も高かろう。
100708-02

カフェに行ったら、トイレへ行こう。
駅の音を聞きながら、駅の景色を見ながらの鉄道ファンには堪らぬクラシカルなトイレではある。
映画、歴史、小説・・・フランスで一番ロマンチックな歴史的カフェは駅にある。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/790-668010bb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する