FC2ブログ
2010.06.25

リヨン駅

格安航空会社が今後ドンドン増えるらしい。
そうなると、駅だけではなく、空港も機内持ち込みのサンドウィッチ屋やお弁当屋が登場ゲートに出来るに違いない。
機内食は無いから、そこで買うか?コンビニで買うか?
パリなら、スーパーで買ってゆくか?パン屋で買うか?駅で買うか?空港で買うか?になろう。
ただ、水分は持ち込みが難しいから、空港内は、定価販売当たり前となってしまうかもしれぬ。


リヨン駅でのことだ。
駅のパン屋さんは基本的に使わない。
駅近所の美味しいパン屋さんで買ったほうが良いからだ。
しかも、”駅”が高いのは、欧州では当たり前である。
が、それでも存在するのは、やっぱり便利であるからであろう。
どれほど美味いのかしらぬが、遠くまで出かけたくはないという人にとって、早朝の駅のパン屋ほどありがたいものはない。当然、列が出来る。
100625-01

このお店は、まあ、チェーン店であるが、カフェなのか?パン屋なのか?名前からはパン屋なのだろう。
別段、ココがとても美味しいなどということはない。
チェーン店の駅のパン屋さんでしかない。必要充分というのが、フランスでは一つのラインである。

100625-02

写真は、ジャンボン・フロマージュ。ハムとチーズの定番だが、これ以上の定番となれば、ジャンボン・ブール、ハムとバター。日本なら、わざわざ、バターなどといわぬ、ハムだけのサンドウィッチということになる。

本に載るほどのパン屋はフランスのパン屋のごく一部だ。しかも、ほとんどがパリ。
普通のサンドウィッチで、駅中で1.5倍の付加価値がつくというこれも、フランスである。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/788-a4795286
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する