FC2ブログ
2010.05.14

南アフリカワールドカップフランス代表候補

ワールドカップへ向けてフランスも代表候補が発表になった。
アーセナルのナスリが落選したのは残念だが、楽しみなメンバーもいる。

マルセイユベンアルファヴァルブエナレンヌブリアン、とムビラリールレミボルドーグルキュフら若手である。


それぞれのポジション、まんべんなく若手が挿入されたのだが、この後のサプライズは起こるのかどうか?今のところ、日本よりはサプライズ感は大きい。
これが、得点不足に悩む監督の気持ちの表れか?それとも、サプライズして見せたのか?


自国から、その他から、評価は低いレ・ブルー。
ジダンのかわりが現れぬ。
予選はセルビアに先を越され、2位で決定戦へまわった。
決定戦はハンドでアイルランドを下した。
格下相手もゴール欠乏症から脱出できぬ。
強い相手には守備が崩壊する。

などなど、多くの批判の的はある。


もっとも、優勝した1998も、全く評価されていなかった。
ある意味、全く無名であったわけではないが、若手であったジダンアンリが完全に一流の仲間入りをはたし、頂点へ立った。


さてさて、今年の若手はどうか?
グルキュフは充分可能性もあろうが、その他は、当落上にいることは間違いない。


今年は、ボルドーリヨンがチャンピオンズリーグで大暴れし、であるにもかかわらず、リーグ戦ではマルセイユが優勝。リールが2位。
フランスのリーグ自体は微妙に底上げされている感じもあるから、リーグアンから活躍する若手が出ることを期待したい。


アンリアネルカリベリーのいるフォワード陣に付け入る隙はなさそうではあるが・・、ジダンのゴールシーンが目立っていたが、ジダンだけが活躍していたわけではなかった、楽しい98のようなシャンパンサッカー見たいものだ。

ジダンだけが目立った前回。今回はジダンのいないフランス。

パパンカントナもいなくなったフランス代表と同じようなことが今回もあるのか?楽しみはもう少し先だ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/762-f2a0ba37
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する