FC2ブログ
2007.10.06

パリ、すし

すし

本日は、久々に晴天であるが、寒い。寒さが戻ってきたようだ。

シャンパーニュ旅行へ出かける面々と東駅で待ち合わせ。
5人でカフェに入り、談話に花が咲く。

午後から、教会の締めとも言うべき、ロンシャンの僧院へ出かけるものの、案内看板が見つからず、ロンシャンの風車、、ムーラン・ド・ロンシャンの周りをぐるっと回って、あきらめる。

写真は5区を歩いていたときに停まっていた、車。
この近くのモンジュ通りにこの店があるようだ。
宅配?

やはり、すしは日本で食うべきもので、こちらで食うべきものではないように思う。場所の問題というより、味と値段の問題といった方がいいだろう。

スシは市民権を得ている。まあ、いたるところでこの文字を見る。
馬の名前にもSUSHIというのがいるほどだ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/73-db63a6c5
この記事へのトラックバック
すし寿司(すし、鮨、鮓、寿斗、寿し、壽司)は、主に酢飯とその他の食材(主に魚介類であるが、野菜、揚げ、肉類など数多い)を組み合わせた日本料理である。代表的な寿司、江戸前寿司は、すでに“sushi”で通じるほど世界中に認知されている。その他、日本各地にその地方
| oh!すし! at 2007.10.15 13:53
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する