FC2ブログ
2010.03.10

TERの時刻表

TERという奴がある。
これは、いわゆる、郊外線または、在来地方路線のことだ。
日本で言えば、JR各社がそれぞれ運転している地方路線といっていいかも知れぬ。




昔は国電といった、今はE電?(死語?)は、まあ、パリのRERに相当する。
埼京線、山手線、大阪環状線、学研都市線、京葉線などといったものだ。

TGVは日本の新幹線で、TERではない。

TERは、JR東日本なら、湘南新宿ライン、快速アクティ、ラビット、ホームライナー、横須賀線、熱海以遠へは行かぬ東海道線などであろうし、西日本の新快速なんかもTERにあたる。

フランスでも、地方をまたがって走る列車もあれば、地方内だけを走る列車もある。
東京発大垣行きのムーンライトながらなどは、TERとは呼びがたい列車であろう。


パリだと、TRANSILIENといい、列車に葉っぱのマークがついている。
RER以外のサンラザール、モンパルナス、北、東、リヨン等各駅から出発する鈍行列車である。

ピカルディ地方には、ピカルディ地方のTERが走っているし、ノルマンディはノルマンディのTERが走っている。
アルザスはアルザスの、アキテーヌはアキテーヌのTERが走っているのである。
もちろん、全てSNCFである。フランス国鉄だ。
当然、日本のJRと同じく、西日本だ、東海だ、東日本だといって、通しで切符が買えぬわけではない。

ローカル線運行区分といえばいいだろう。詳しく知らなくても、まあ、あまり問題ない。
トーマスクックの時刻表にもまずまず載っているのだが、全てとは行かぬ



そんなTERの時刻行は、それぞれの地方の駅などに行けば手に入る。
パリで全てを手に入れることは出来るのかどうか?
パリに乗り入れているノルマンディピカルディシャンパーニュブルゴーニュサントル地方などのTER時刻表はパリで当然手に入るのだが、インターネットが確実に全てを手に入れられるだろう。




この時刻表、自分の地方以外まで乗り入れて走っている列車についても書いてあるが、このTERの縦割り分割よろしく、該当地方を出たとたん、駅が全て載っていないことが多い。
A地方とB地方にまたがる列車の場合、双方のそれぞれの時刻表を手に入れぬと、時刻表に載っていない駅に停車するなんて事も起きる。
むろん、降りぬのなら、何の問題もないが、駅数を数えて、誤って、降りてはならぬ。




日本には、昔から国鉄用時刻表が2種類発売されているが、まあ、駅などに置かれる標準サイズのものは、全駅全国掲載である。鉄道地図もある。
もう1000号が出たとか出ないとか。
日本という国は、つくづく、何でも便利にそろっている。




TERは楽しい。
カフェオレボウルのファンなら、サルグミン駅もリュネヴィル駅もクレイユ駅もジアン駅もディゴワン駅も存在する。
もちろん、それらの窯元があった街の駅だ。
ヴィッテル駅もあれば、ヴォルヴィック駅も存在するのだ。

格安で話題のライアンエアーが飛んでいるパリといってもシャルルドゴールではない、ボーヴェの空港のあるボーヴェへも、このTERで行くことが出来る。



車がなくとも、楽しい地方旅行は出来る。その鍵は、このTERにある。最近何かと不品行が話題の鉄道ファンであるが、鉄道ファンでなくとも、心に残る鉄路の風景が待っているに違いない。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/712-4ca6100e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する