FC2ブログ
2007.10.04

パリの教会めぐりで罰当たる

パリの杭

本日は天気予報どおり、朝方霧の都と化した。
気温が上昇したからかもしれない。

ここ三日間は、歩きまわると、おでこに汗が。
本日は冷や汗をかくことになるが・・・。

さて、昨日、少々睡眠不足だったこともあり、昼寝を敢行。
小一時間ほどたつと、外には太陽の光。

本日の目標である、教会めぐり9箇所の残り5箇所に向けて出発した。

8個目の教会の脇で、写真を撮っていたのだ。
撮り終わって、半歩前に進むと、股間に激痛が走ると同時に、前へ進まない。
杭が股間直撃である。

半歩だからいいものの、痛さは半端ない。

写真にあるパリのあちこちにある杭である。
どこにでもあるし、こんなものの写真を撮ろうとは考えなかった。
この杭をみて、ああ、あるある、パリにあると思う方もいらっしゃるだろう。

股間といっても、ちょっと上。すなわち男だけの痛みではなく、男女ともおそらく痛いだろう、骨の部分に直撃である。

足の長い御仁は大丈夫かも知れないが、女性は危険である。
何しろ、足の短い私が直撃したわけだから、私よりも背の低い女性はおんなじ痛みを味わう可能性がある。

太陽に誘われ、いつもより長く、外を歩いていたからか?教会の写真をぱちぱち撮っていた罰でも当たったのか?

何かしら起きる毎日である。
股間打撲ですかねえ?
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/71-1da2e6cd
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する