FC2ブログ
2010.01.26

カーニュ・シュル・メール06

100126
さて、このルノワールの庭にも、ミモザはある。
このミモザの季節、このカーニュにはもう一つの楽しみがある。

ニースのカーニバルが行われる季節であるから、当然、人も多くなるこの地方である。
だから、競馬も開催されるのだ。
ルノワールの庭から見れば、おそらく左斜め前方方向、海沿いに競馬場がある。
大きなレースも2月に開催される。人の集まる季節に、競馬が開催され、競馬が開催されていれば、なんらかのオンシーズンなのである、フランスの場合。

クロ・ド・カーニュに宿泊する都合のよさは、競馬場に近いことにもある。

アヴニュー・ド・ニースをニースと反対方向にまっすぐ進んでいけば競馬場である。
ただ、少々遠い。
だから、駅から、電車で行くわけだが、競馬開催日には、この競馬場の目の前に(カーニュ駅のつぎ、クロ・ド・カーニュから2つ目)電車が止まる。
おそらく無人駅だ。

駅自体は、駐車場とスタンドの背面が見えるだけで、殺風景だが、競馬場に乗り込めば、コートダジュールの海が見られる競馬場なのである。
海が見られる競馬場など、フランスには数多くの競馬場があるとはいえ、数限られる。

あくせく、美術館と鷲ノ巣村めぐりばかりではなく、ぶらりと、競馬場へ訪れるのもいい。
海は見えぬが、ナイター競馬もやっている。
障害レースもトロットレースも平地のいわゆる普通の競馬も行われる。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/676-e775f2f0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する