FC2ブログ
2009.08.26

フランス短期留学1

さて、フランスのプチ留学の話だ。
経験から話をしていこう。

まずは、きっかけだ。

どれが一番初めであったか?は覚えていない。

覚えているきっかけの一つが、パリへ友人と旅へ行くときのことだ。
相方のパスポートにトラブルがあり、なんと、成田空港で出発できぬことになってしまったのだ。

パリまでのキャセイパシフィック航空は、一人旅となった。

パリに着いたのだが、そもそも、友人を案内することも時間に含めていたので、その分自分のために使いたい。と、突然、パリに着いてから、プチ留学を思い立ったのである。


そんなことで、勝手を知っている学校を訪れ、申し込んだ。パリ到着、金曜日である。
来週月曜から、勉強したいんだけど・・・”と。

もちろん大丈夫であった。


3ヶ月以内のプチ留学にたいした準備は要らない
必要なのは、短い期間で受け付けてくれる学校がどこにあるか?だけである。
あとは、学校へ行ったらいいのだ。
もちろん、わしの場合は以前、その学校へ長期留学していたし、こういう短期を受け付けてくれる学校がたくさんあることは知っていたのだが、これを読んだ皆さんとは、この時点であまり大差ない。

たとえば、日本で、フランス語を習いたい場合、どうするのか?
アリアンスであったり、日仏であったり、アテネフランセであったり、それ以外であったり・・・。
まずは、HPを見るか、申し込みの仕方を電話で聞くか?直接学校へいって様子を見てみるか?受付で聞いてみるか?であろう。
我々が日本で暮らしているように、フランス人はフランスに暮らしている。
まあ、正直なところ、世界中の先進国と言われるようなところはどこへ行っても、暮らしそのものは大差ない。
だから、日本で思い立ってできる方法は、大抵海外で通用する。
学校へ行っちゃえばいいのだ。聞いてダメならあきらめな!である。

もちろん、ここまでの話は、3ヶ月以内の話で、滞在許可証と全く縁の無い世界でのことである。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/571-0dc4c756
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する