FC2ブログ
2007.09.12

海洋博物館

海洋博物館

シャイヨー宮の翼の部分にある博物館。

船の模型博物館ともいえる。
もちろん、遺物もあるわけだけれども、船は当然ながら模型である。

ここの博物館の一番最奥には、工房がガラス張りになっていて、模型などを作っている場面を見ることができる。
この手の模型好きプラモデル好きには、そこが一番楽しい場所、興味ある場所かもしれない。

日本では、江戸時代は、大型の船を作ることはご禁制であったから、大鑑は建造されていない。長崎にはオランダの大鑑も来ていたのだろう。多くの人は、黒船まで知らなかったのかもしれない。

海洋王国といえば、イギリス、スペイン、オランダ、ポルトガルなのだろうが、どうしてどうして、フランスでも結構作っていたんだなと思わせる。

マリーアントワネットが乗った小船の舳先の部分、人魚像がついているものなんかも飾られていた。

歴史にも、模型にも興味のない人には、全て見てまわってくるのは苦痛を伴うかもしれないが、チラ見のつもりで、中に入ってみると、模型の精工さと古い時代から、最近の軍艦まで巨大模型が見られるから、へぇ~ってことにはなるだろう。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/56-9d65ac0a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する