FC2ブログ
2009.07.02

アランソン02

090701
団体旅行といえば、日本のお得意だと思われがちだが、中国、韓国ももちろん、アメリカもフランスも当然存在する。無論、他の国も。

ただ、少々違うとすれば、連れて行ってもらうことだけではなく、そこで、ちょっとした歴史的、地理的な説明を聞くことを楽しんでいる度合いが高そうなことだ。

歴女がはやったりする日本であるが、マニアックの領域まで行かぬが、街のおじさんも叔母さんも、少なくとも自分の町の歴史は結構詳しく、しかも判りやすく説明してくれる。
こういった、プチ団体旅行、プチ修学旅行、課外授業などの経験数の違いかも知れぬ。

写真は、アランソンの、この公園の向かいにある古い建物の説明を聞き入る、フランス人の団体さん。

京都、奈良のような大観光地であっても、そうでなくても、自分の街の観光案内所(ない場合は、役場がそれに当たることも多い、フランスもそうだ)で地図なんぞもらって、ぶらぶら歩きするのも、意外と楽しい。知らなかった、パン屋さんや酒屋さんなんか見つかるかも知れぬし、普段何気なく歩いていた坂道が、城址であったりすることもあるかも知れぬ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/533-73802ccf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する