FC2ブログ
2009.06.24

Grand LigneとTERとRER、それはSNCF

090624
フランスの国鉄は2種類で運営されている。
SNCFGrand LigneTERである。

TERというのは、いわゆる地方鉄道網で、たとえば、シャンパーニュ地方の地方内鈍行列車、アルザス地方の地方内各駅停車列車などである。
パリ近郊はTERという言い方ではなく、2種類の郊外国鉄が走っている。
TransilienRERである。

Grand Ligneというのが、地方をまたいで走る列車で、TERが地方内と覚えちゃえば早いのである。
トーマスクックにこのTERまで乗っているのかどうか分からぬが、完全網羅はされてはいまい。

それぞれの地域に行けば、ポケット時刻表もあるし、その地方TER全体の冊子も駅においてあったりする。
無料でもらえる。
もちろんHPもある。

さて、パリの近郊の話だ。
Grand Ligneは措いておいて、TransilienRER
単純にいえば、Transilienはパリの地下を走らず、メトロと乗換できない。
RERはパリの地下を走り、パリ市内に限っては、メトロの切符で乗換自由である。
この違いである。
地下まで乗り入れる郊外列車もあれば、乗り入れない郊外列車もある。

TERというのは、基本地域内の列車であるが、ある程度ははみ出して走っている。むろん、人の流れ上、そうあるべきだからだ。
だから、パリにはピカルディやノルマンディ、シャンパーニュなどのTERもやってきているのである。

ただ、あまり、この名前にとらわれる必要などない。
それぞれ、別個の国鉄列車だと思えばいい。
JRも西日本とか東日本とか東海とか四国とかあるわけだが、通しで切符も買えるし、気にしないで乗ることもできる。
RERはメトロとの相互乗換ができるから、微妙であるが、それ以外は名前がTERだろうが、葉っぱのマークのTransilienであろうが、フランス国鉄なのであるから、意識する必要はない。

ただ、トーマスクックの時刻表だけ見ていると行けないような所まで、鉄道網があったりするので、そんなことを頭に入れておくといいという程度のものだ。

日本だって十分ややこしい。
地元の人にとってはなんてことはなくとも、東北本線宇都宮線湘南新宿ライン東海道本線横須賀線関西本線大和路線。などなど、地方の人にとっては、聞いてもややこしくなるだけのものもある。
それに比べたら、わかりやすかろうというものだ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/523-65d3021b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する