FC2ブログ
2009.05.26

サントヴィクトワール山を目指して09

aixp09
徐々に山へ近づいてゆく。
周りの風景のなかに、岩肌が見えてくる。

単なる草なのだろうが、グリーンが美しい。
これに花が重なると、さらに美しい組み合わせになる。

木々にしても、個がはっきりしているのは、やはりこの土地の風土であり、だからこそ、欧州の人間の個は立ち上がるのかも知れぬと思ったりもする。
パリ近郊でも、ポプラでも糸杉でも白樺でも、群生ではなく、個を意識させられる。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/497-f4f10f21
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する