FC2ブログ
2009.05.11

NO.41  否定疑問その2

さて、前回の続きである。GW明けであるが、頑張りましょう。

Vous n'avez pas de questions?
という文を使って前回説明したのだが、疑問文にはEst-ce queを使うものと、倒置パターンののもう二つの種類があるので、それを説明しておこう。

Est-ce queのパターンは単に頭につけるだけなので問題ない。
Est-ce que vous n'avez pas de questions?

問題は否定倒置疑問文である。
N'avez-vous pas de questions?
となる。

主語、動詞を挟むのである
通常、否定はne...pasで動詞を挟むわけであるが、倒置疑問文の場合、avez-vousのように線でつないでしまうのでまとめてくくる
そういうものだと覚えてしまうしかない。
理屈もそうだが、こういったものは、音の流れで覚えた方が忘れない
間違えたとき、あれ??なんか違うぞ。と気が付くからだ。

Il habite à Paris.(彼はパリに住んでます)
これを否定倒置疑問文にすると、
N'habite-t-il pas à Paris?となる。
il habitehabite-t-ilとなるのは、倒置したら母音が重なってしまうから言いづらいためだ。
これも覚えておこう。

Habite-t-il à Paris?
(アビッティル・ア・パリ?)
否定がなくとも t が必要なのは一緒である。
Habite-t-elle à Paris? (アビッル・ア・パリ?)
Habitez-vous à Paris? (アビテ・ヴー・ア・パリ?)

このあたりの話は教科書なんかにも載っているが、ゴチャゴチャしていて、面倒な部分だ。
休み明けの頭には、ここまでとしておこう。


次回、復習しつつ整理してしまおう。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/482-cc351051
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する