fc2ブログ
2009.04.02

ブランデー、ナポレオン

090402
さて、緑のビンに入ったブランデー。
ぶどうのブランデーである。
よく、ナポレオンという奴を見かけるが、何故、ナポレオンなのか?
よくはわからぬが、コニャックの場合、蒸留後6年以上は経っていなければナポレオンとは言わぬらしい。XOというのもそうだ。
VSOPなどもよく耳にするが、これは4年以上らしい。
とはいっても、これ、コニャックの基準であって、コニャックはコニャック地方で作られた母堂のブランデーであって、それ以外はブランデーであってもコニャックではないから、このナポレオンという意味そのものも疑ってみるべきかも知れぬ。
イタリアのワインに、何でもかんでもキャンティとついてしまった話と似ているといえばそうなのかも知れぬ。

知らねば、ナポレオンとかってよく聞くね、で終わってしまう。
ま、もっとも、飲んでうまい酒が良いわけで、高くて、薀蓄の語れる酒がいいとは限らない。

あまりブランデーという、ウィスキーに比べると甘く感じる酒は飲まなかったので、結構、棚の奥に、親父の集めた、もらった、ブランデーが眠っている。
これを、おそらくこんな感じであろうと思われる安そうな酒から順に並べてボトルを開けて飲んでいっているのである。

写真は、先日載せた写真のXOのコニャックよりは安そうだし、もっとも、味もだいぶ違う。
こいつには、ナポレオンと書いてあるが、コニャックとは書いてない。
仕事場の棚の奥にその場所用として持っていってあるブランデーである。

ちなみにグラスは、先日と同じ、フランスの雑貨屋で購入した、ショットグラスを少々大きくしたような、100円程度のグラス。3.つあるうちの1つだが、こいつは、よくあるフランスのグラスといえば、このデザインといった感じのものだ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/469-970e032b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する