FC2ブログ
2007.08.31

フォーロム・デ・アール

フォーロムデアル

旧中央市場。現ショッピングセンター。

地下にはRERのシャトレ・レ・アールがある、乗換の名所であり、迷所である。

フォーロム・デ・アールのショッピングセンターも迷子になりそうな建物である。そもそも、どこにいても、似たような風景なのだ。ガラス張りでいて、チューブの中にでもいるような感覚。箱の枠のようになっていて4辺ある。
地下だが、中央部分がへこんでいるので、太陽の光も入ってくる。

ここは、場所を分かりやすくするため、それぞれの4辺を色分けしている。この色と案内板と頭の中にある地図をうまく組み合わせると、出たい出口から出られる。行きたい店へ迷わずいける。となる。

現在は、仕事のない若者達が、ここへ集まってきて、少々危険な雰囲気が漂うゾーンでもあるのだが、昼間、危険なわけではない。老舗のカフェから、カード屋まで、観光客むけの店、デザイナーがデザインしたカフェ、少し行けば、ポンピドゥーセンターもあるので、パリへ行った人なら一度はお世話になるゾーンである。

実は、ここのすぐ北側、1区~2区にかけては、かつて、Cours de Miracles(スラム街)であったのだ。パリでもっとも最後までスラムであった場所である。
今はもちろんない。そうであるからこそ、そして、歴史のある場所であるからこそ、いろんないわれも残っている。

そういう関係からかどうか?この界隈を走るサンドニ通りなども、新宿歌舞伎町のごとくsexショップがならび、豊胸手術したんじゃないの?ってなお姉さん達がずらり並んでいる。ほとんど移民の人たちだろう。ここでなければ、ポルト・ドーフィーヌ(16区)でしか見かけないような絵だ。

郊外から来る鉄道が集まり、パリで最も人の乗降の多い駅の一つであり、昔はスラムであった場所にも近い。これが、何の因果であろうか?とも思われる。
しかしながら、シャンゼリーゼよりもよっぽど、ここがフランス、パリ、イルドフランスの縮図であるといってもいい。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/44-9d17acb2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する