FC2ブログ
2009.01.07

南仏の路地から20

090107
とある街のとある通り。
何の目的で写真を撮ったかはわからぬ。

おそらく、なんとなく、路の曲がり具合が気に入って、シャッターをきったものと思われる。
太陽の当たり具合で、明暗がはっきりしていると、何の変哲もない通りが、輝いて見えることもあるのだ。えもいわれぬ雰囲気で。
が、カメラの能力も、写真の腕も、それを映し出すことはできぬ。

出来上がり写真は、この写真のごとくなりにけり!!である。
整理しておかねば、場所も思い出せず、記憶のかなたへ追いやられていくのである。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/408-ba9e9f4d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する