FC2ブログ
2009.01.05

NO.25 ER動詞の微妙な例外2

新年最初は、ER動詞の続きから。

acheter
母音で始まるわけですから、habiterと同じようにリエゾン、エリジオンするわけですが・・・

j'achete (ジャシュト)
tu achetes (テュアシュト)


となりそうなものですが、これも、フランス人的には言いづらいらしい。
くちびるが詰まりそうで、分からぬこともない。

j'achète (ジャシェット
tu achètes (テュアシェット
il achète (イラシェット
nous achetons (ヌザシュトン)
vous achetez (ヴザシュテ)
ils achètent (イルザシェット


これは、nousvousはルールどおりで、その他がアクサンをつけます。
そうやって発音していたから、発音にあわせたのかもしれません。




アクサンと言えば
préférer (プレフェレ)
これは、向きが変わります。

je préfère (プレフェール)
tu préfères (プレフェール)
il préfère (プレフェール)
nous préférons (プレフェロン)
vous préférez (プレフェレ)
ils préfèrent (プレフェール)



同じ活用をする動詞の初級レベル、生活でよく使う単語たち

compléter(完全にする)・・・教科書や問題集のカッコ埋め問題はこの単語です。
considérer(良く考える)・・・熟考ですね。
espérer(期待する)・・・ジェスペール!というのは、良く聞きますし、言いますね。
posséder(所有する)・・・家を持っているとかで。
sécher(乾かす)・・・コインランドリーで。

erの前のeéのパターンです。préférerの最初のéは特に関係ないので混乱しないことですね。


他、appeler (呼ぶ・アプレ)なんかも、不規則ですが、これはもうやってますね、きっと。
je m'appelle (ジュマペル・・・。

これらは、つづりで覚えるより、耳で覚えた方がいいですね。
雰囲気でわかります。
どこどこにアクサンが着いている場合・・・という知識もあればなおいいですが、音の雰囲気で覚えちゃった方が早い。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/406-dc753571
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する