FC2ブログ
2020.03.27

Rue Ambroise Thomas アンブロワーズ・トマ通り

通りに入ると、アトリエっぽいながーいガラス窓が並ぶ。
アトリエだったのか、アトリエ風なのか、今もアトリエなのか。
個人的には、この長い大きな窓群は大好きで、一生建てることもできない一戸建ても、こんな、窓がほしいと思うのである。
寒いより、暖かい。暗いより、明るいがいいし、できる影も大好きなのだ。
アンブロワーズ・トマ通りの地上階のガラス窓と窓枠の縦じま模様
パリの通りの歩道と車道を分ける杭の並びと、窓の建枠の並びで直線が延々並ぶ。
突き当りの建築まで、同じような建物が並ぶので、少々ウキウキした気持ちになる。
こんな建物の中で、光を感じながらパソコンしたり、本を読んだり、お茶したり・・・。

短い通り、奥へ進んでゆきます。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3995-1a882463
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する