FC2ブログ
2020.02.13

シテ・ドゥ・トレヴィーズの路上

パリの大改造時点では、さすがのオスマン知事でも、車社会は見通せなかったか?
ミシュランと言えば、タイヤ会社。
車でゆく旅のガイド本グリーンガイドを出し、旅先のレストランを紹介し、赤いレストランガイド本を出し、いまや、ミシュランは、レストランの格付け会社のよう。
シテ・ドゥ・トレヴィーズの出口付近 通りを塞ぐ車と路上駐輪バイクたち
路地のような通りにも、車もバイクも入る、フランスは車社会。
かくして、車が道を塞がざるを得ないことも多々。
クラクションの音とともに、日常の光景。
右の建物の装飾がさりげなく可愛らしい。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3966-6dcf9c6a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する