FC2ブログ
2008.12.18

南仏路地のトンネル02

081218
前回のトンネルとは違い、こちらは舗装された道。
トンネルを抜けたあたりに緑があるのは、全く同じ。

パリにも、ギャラリーはたくさんあるが、その主張度においては、こういった観光地、特に、南仏コートダジュール界隈は回っているように思う。
それだけ、規模の割りにギャラリーが多いこともあるだろうし、陽光豊かな南仏ならではともいえるのだろう。

こうしたギャラリーにて、ちょいと値の張る絵は買えぬにしても、のぞいて見たり、そのギャラリーの入り口付近の飾り方と町並みを見ているだけでも、結構楽しい。

regardsと看板に書かれているが、よってらっしゃい見てらっしゃい!の意味なのだろう。
注目!と言うことでもある。
アトリエ兼ギャラリーである。

仕事ではあろうが、優雅である人生だなぁといつも感じるわけである。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/395-dc80c9af
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する