FC2ブログ
2008.12.12

南仏寸景02

081212
いかにも南仏の色壁に、ブルーのバル。
黄色の郵便ポストに、フランスでは残念ながら見慣れた落書き。

地方都市でも、たとえば駅前であったり、駅裏であったりするところは治安の悪いところがある。
おフランスといえども、観光地と言えども、聖人君子だけが住む、ボランティア精神あふれる、金髪の紳士淑女ばかりが住んでいるわけではない。

失業や暴動が老いるニュースも耳にするだろうし、差別問題も人種問題も厳然としてある。


日本では、列車に落書きされるだけで、走行しなくなる。
社会問題にも最近なった。
フランスなどは、もう、野放図になっている車輛の落書き。車内、社外、窓ガラスのキズ・・・落書きをしていない車両を走らせることなど、不可能である。
鉄道ファンが、写真撮影をしても、その多くに、特に郊外へ行くTERなどは、落書きも一緒に撮影されてしまう。
沿線の壁、トンネルなどは、ほとんど落書きキャンバス状態である。


京都の風景で、電線の問題が取り上げられたりする。
フランスの場合、路上駐車の車と落書きは、写真につき物となってしまっている。
もっとも、路上駐車は、適正に停めているものが多いわけだが。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/390-77b2a450
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する