FC2ブログ
2019.10.01

メラーノからボルツァーノの車窓 岩山

乗っている列車から写真を撮る。
ゆっくりと進む列車の窓には、鉄条網のようなものが見える。
その先の山を撮りたくて、カメラを向けてみた。
手前のものは、ピントが合わず、うっすらの消えてしまうのではないか?
そういう期待は見事に打ち砕かれるほど、はっきりと線が見える。
メラーノからボルツァーノへの車窓 切り立つ山
遠くの切り立った山が印象的。
ああいう山は登れるのだろうか?

日本でも、いつも気になる山は、富士山以外と言えば、妙義山。
関東地方から信州へ抜けるときに、いつものその顔つきが印象的な岩山。

母なる山ではなく、厳なる父。
そういった山だ。

イタリアのチロルの山々でも、勝手に思い浮かべるチロルの印象とは、ずいぶんと違う、でも、とても印象的な尖り具合だった。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3895-d390c023
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんにちわ

初めてコメントさせていただきます。

神秘的な美しい山ですね。
フランスもパリとかベルサイユとかも良いけど、
自然の姿も良いですね。
素敵な記事ありがとうございます。
Posted by ネコシバ at 2019.10.08 09:26 | 編集
すみません。ブログアップが止まっており、気づきませんでした。
東京のような大都会が欧州にはないですが、その分、こちらの人は、自然の中で過ごす時間が、多いような気がします。
自然環境は、日本の方が厳しいからですかね?
Posted by 管理人 at 2019.11.05 20:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する