FC2ブログ
2008.12.04

南仏路地の洗濯物01

081204
路地はその風景を楽しむものでもあるが、なんと言っても、ここで感じたい楽しみの一つは生活感。
そんなものを感じさせるひとつが、洗濯物の干された風景である。
路地の特徴である少ない日照時間を十分活用して、冬の洗濯物は干されるのである。

もっとも、夏であれば、この狭い日の当たらぬ空間は、涼しい空間となるのだ。
それは、乾燥しているからであろう。
湿気がないから、日の当たらない部分はは涼しい。
熱気が存在しない。

これも、南仏に路地が多い理由なのかも知れない。

写真の洗濯物を干す物干し竿に当たる窓辺から突き出た鉄棒は、もう、備え付けのものなのだろう。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/384-e286f1f0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する