FC2ブログ
2008.11.28

ガリア、ゴール、ケルト

081128
ケルトはフランス語でゴール。
シーザーが書いたガリア戦記のガリアもケルトのことだ。

ちなみに、シーザーはカエサルとも言われるし、フランス語ならセザールと言う。
マイケルとミッシェルとミッチェルとミカエルとミハエルとミゲルとミカみたいなものだ。

写真は不明南仏フォルダの写真であるが、ロックブリュヌかなと思われるが、根拠はない。

シーザーの時代もこの風景とそんなに遠からずの風景世界であったのではないかと想像するわけである。もちろん、アスファルトの道路はなかったと思うが。

ガリアといえば、ドパルデューが出たアステリクスとオベリクスという映画があったが、これは、フランス版三国志ともいえるのか?まあ、フランス人の子供たちが読む昔話のひとつだそうだ。
このアステリクスとオベリクスはガリア人、すなわちゴール人、ケルト人なのである。

ガリア戦記を読んだことがないので、近い将来読んでみようとは思うのであるが、この時の大きな戦争であったアレジアの戦いや、この戦いを指揮した将軍ヴェルサンジェトリクスは、今も、パリ14区の通り名に見られる。アレジアはメトロ4号線の駅でもある。

ガロ・ローマ人という言い方がある。ガリア人とローマ人なのか?それらの混血の人たちを指すのかはわからないが、このガロ・ローマ人が、この写真の街付近にも住んでいただろうし、もしかしたら、パリにも、ロンドンにも住んでいたのだろう、ゲルマンに支配されるまで。

原フランス人というのは、当然のことながら、他の欧州と同じく混血であるから、単純にフランスの歴史といっても、どこから?というのはわかりづらい。
日本も、アイヌに琉球に、もちろん半島や大陸からの移民の人達で構成されているから、どこから日本人といえるかはわかりづらい。そも、出雲と大和は同じ民族であったのだろうかなどと思ってしまうのである。

フランスの起源がどこか?といわれても、そりゃ難しいと言うことになろうが、王朝的には、メロヴィング朝からがわかりやすいのだろう。
このメロヴィング朝というゲルマン民族フランク族によって、この南仏まで支配されるのである。
支配と言っても、おそらく税の問題であろうが。
住んでいる人は、おそらく、ガロ・ローマ人などであったに違いない。
とても、ゲルマンの町には見えぬのである。
日本でも、東と西では地名も違えば、人によっては顔つきも違う。

そんな微々たる歴史事実を頭に入れつつ、何となくの年表も頭に入れつつ、次に訪れた街の、教会の立てられた年や町の歴史を読めば、少しは、イメージつき易くなるのではないかと思いつつ、本を読むこのごろである。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/380-e8ff713b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する