FC2ブログ
2019.02.14

スミュール・アン・ノクソワ ノートルダム教会のパイプオルガン

パイプオルガンというのは、それ自体が、ミシュランの旅行ガイドで3つ星が付くものもあるぐらいの美術品。
クープランって名前は聞いたことがある(ガイドブックで読んだ?)けれど、奏者だったような気も。
だが、こちらは、全く違う文化の楽器類について、いや、楽器そのものについて疎いため、はぁ、荘厳な代物であるなぁと思うだけである。
よく見かける教会の定位置にあるはずの楽器という認識です。
スミュール・アン・ノクソワ ノートルダム教会 パイプオルガン
どうやら、パイプオルガンというのは、一音につき、一本の管があるらしい。
ピアノで考えれば、鍵盤を半音ずつ数えてゆくと、白7黒5の12あるから、仮に8オクターブほどあると100本近く必要になる。
いやいや、エレクトーンと同じだとすると、脚の鍵盤もあるから、150は必要になる。
鍵盤も一列じゃなかったなぁ・・・?
そう思って改めて写真を拡大して数えてみると、表に見えているのは一部だけであるということがわかる。
すくなくとも、全部で100も見えないからだ。
スミュール・アン・ノクソワ ノートルダム教会 パイプオルガン 下から
さらに、どうも、このパイプオルガンというのは、ピアノ、エレクトーンのレベルではないほどの高低音が出せるらしい。
であるから、何百本の管というレベルではないようですね。
ここのパイプオルガンがどの程度あるのかは分かりませんが。

下から見上げた畳一畳ほどのスペース。
これ、あまり見たことないような気もするので撮ったのですが、ここに、演奏者のスペースがあるのか、はたまた、その表に見えていない管が猛烈に詰まっているのか?
教会ができた時に同時にパイプオルガンがあるとは限らないから、パリのアパルトマンのエレベーターのように、後でその場に合わせて、特注で作らねばならぬとしたら、いろんな増築方法があるのであろうと思ったりするのである。

ま、勝手な想像であって、そんなところで演奏しないよ!そんな場所に管置くわけないよ!ってこともあるかもしれませんが、想像する程度で、いまのところ思考は停止しております。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3743-0c70b8c3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する