FC2ブログ
2019.01.15

スミュール・アン・ノクソワのノートルダム教会のステンドグラス

透明な背景に、マークのように並ぶステンドグラス。
昔から、このようであるのか?
透明なものに再現したのか?
ともあれ、レンズを覗いてみると、どうやら、職業系のステンドグラスである。
スミュール・アン・ノクソワ
上の赤背景のステンドグラスは、何かをテーブルで切っているシーンだ。
お肉の塊を切っているようにも見える。
脇には、付近とスプーン、フォークかな?
とすれば、肉屋さんグループの寄進だろうか?
スミュール・アン・ノクソワ
こちらのブルー背景の図柄は、野生の鹿?なんですかね?
斧で、狩猟している感じから、おそらく、ジビエになるのだろうと思われます。
狩猟団体からの寄進なんですかね?

フリーメイソンと石工の話は、よくテレビでも見かけます。
そうした番組の影響か?こうした、職業系のステンドグラスにも興味がわいてくるのだから、それはそれで、いいきっかけになってますね。

上下両方のステンドグラスとも、足元の草花が、結構細かいんですよね。
描かれた状態で1枚になっているので、めちゃくちゃ古い時代のものじゃあないんでしょう、きっと。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3722-50b7df45
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する