FC2ブログ
2018.12.04

Neklanova ネクラノヴァ通りの出口にて

ネクラノヴァ通りが終わる終点。
ヴニスラヴォヴァ通りとほぼ交わっているところに、直線的な建物があった。
まあ、なんとも、きれいに保存されているって感じはないんだけど、よく見れば、建物は、デコ調に装飾されているし、一番の印象は、この木の扉だろう。
プラハ
この扉が、私はただの建物ではありません。
デザイン物件ですと語りかけてくるのだ。

そう考えると、面的には、小さいけれど、扉って、一番気にしなきゃならない存在なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3696-f1d5e5f1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する