FC2ブログ
2018.10.23

名残惜しいクータンスのとんがり屋根

サンローからクータンスへ向かう列車の車窓から、クータンスの尖塔を見たのが、ここを訪れたいと思ったきっかけだったはず。
だが、今回は、目玉を見開いて乗っていたのにもかかわらず、その風景を見つけられなかった。
クータンス
そういうことを思いつつ、駅へ向かう。
駅近くなってから、緑の上から、その尖塔が覗いていた。
ノイシュバンシュタイン城を眺めるように、谷の向こうにクータンスの大聖堂が見えていたはずなんだがなぁと、思いつつ、街を後にする。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3667-53ab8627
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する