FC2ブログ
2018.10.14

プラハでスリに

さてさて、つい最近、ドイツのケルンでスリ被害に会い、一眼レフ、レンズもろとも、パソコンやら、パソポートやらを獲られた話をした、その熱も冷めない本日、再び、プラハで一眼レフをスられてしまった。

あれほど、とんでもない金額と思い出丸ごとやられてしまったのに、またである。

実は、今回の旅では、これが2度目。
1回目は、おそらく、機内だと思われる。

とにかく痛い思いもしたので、忘れ物しないように、無くさないようには注意していたが、それでも、宿に着いた時には、あれほど、注意して持ち運んでいたアクションカメラゴープロが、なくなっていた。
袋の中に袋を入れ、さらにその中に入れたゴープロを、レジ袋に入れ、そのレジ袋を持ち運ぶという注意と、立ち去る前に、忘れ物チェックはしているのに、なかったのだから、偶然落としたか、最後に確認したあと、トイレに行っている間にやられたか?
どちらかだろう。
プラハ
そして、本日、プラハのメトロに、ムゼウム駅で乗り換え、ムステーク駅までの一駅の間、やられてしまった。
満員だった。
これは、危険だと思い、財布その他の入ったカメラバックのポケットを完全に押さえて乗ったのだが、まさか、満員で押され、わずかな死角になっていたカバンの中に手を入れられ、でかいレンズと本体を盗まれて気が付かないなんて・・・。
わずか1分ほどの間の出来事だった。

電車を待って乗ったわけではないので、スリにしてみたら、目の前に、獲物が突然現れたようなものだったのかもしれない。
が、こちらが甘かった。
A号線の、中心部は、満員状態が多いので、気を付けてください。
相手は、パリ同様、駅で待っていますね。

ブログに載せる、機内食の写真を撮るのもいいけれど、一人の時はやめた方がよさそうです。
今回は、カメラ2つ撮られ、レンズとられ、いったい、どれだけのものを失えばよいのか。
ようやく、盗まれたものを、買いなおしたばかりなのにね。

自分の不注意は病気の域かもしれませんが、注意喚起含め、自戒含め、恥を載せておきます。
プラハの警察で、書類作成に2時間ほど、お世話になりました。

この写真は、すられる前に、撮った写真を、後で、スマホで撮ったもの。
プラハ4区のパンクラツ駅付近の近代的ビルたち。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3663-00ffa8ff
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する