FC2ブログ
2018.09.30

おいしい残念な私とポンチュキ

クラクフに到着。
空港から市内へ向かう駅には、係員さんがいて、今なら電車は40分待ち、バスなら、もうすぐ発車するわと教えてくれる。
ということでバスにて市内へ。
いやいや、電車本数少なすぎだろう!!

宿の旅行会社へ赴き、アパートの鍵を借りる。
そのまま、アパートへ自身で行く。
少々迷いつつ到着した宿で、2種類の鍵を使い、部屋へたどり着く。

ふぅ。
慣れぬ英語の会話は疲れる。
何語であってもね、疲れますね。
だけど、ちょっとだけ楽しい時も。

そういや、前回も、一人でアパートに入ることになったが、この国は、”セルフ”度が高い気がしますね。
ポンチュキ
翌日のアウシュビッツへのバスチケットを買いに、再び駅へ向かう。
と、パン屋がある。
ショーケースには、ワルシャワでは、あまり見なかった、おしゃれなポンチュキが並ぶ。
で、2個購入。

一個目は、包み紙を撮ると、せっかくの美しいお顔が、残念なことに。
箱じゃないとこうなっちゃうでしょうねぇ。
仕方なし。

もう一つのカスタードクリームのは、バス切符購入後に食す。
食べ終わると、中の濃いたっぷりカスタードクリームが、両脚のジーンズの上に、ごっそりと垂れていた。
残念すぎるジーンズと日本オヤジ。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3644-33841a31
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する