FC2ブログ
2018.09.10

Národní ナーロドニー通りから、ヴルタヴァ川の向こうの紅葉を

国民劇場の目の前の停留所が見える位置に来た。
国民劇場前のトラムと、その先の橋、そして丘の紅葉まで、一直線に見える。
プラハ
橋は、そこにあることを、頭の中の地図で分かっているからなのだが、知らなければ、橋どころか、川の存在も築かないほど、道は平坦に真っすぐ伸びている世に見える。
そういえば、こんな街灯がずっと続いているわけだけど、夜になると、この平凡なようで、ちょっと変わった道への覆いかぶさり方が、雰囲気ある夜を演出してくれるに違いない。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3633-893f566e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する