FC2ブログ
2008.10.31

南仏の路地に差す光

南仏の路地から04
南仏といえど、緯度は北海道なみである。冬の太陽は高いとはいえない。

路地に光が入ってくる。俗に言う斜光は、路地の陰影を映し出し、いい雰囲気を作ってくれる。
写真は、逆光と斜光をいかに捉えるかである。順光という背中に太陽がある状態では、どんな写真も平たく、どんなカメラでとっても同じ、雰囲気もあったものではない写真になってしまう。
南仏の建物らしく、そのつるりとしたカラフルな家並みがひときわ映えるときでもある。

一日何分か、こんな風景に出会えるが、その後はまた薄暗い路地へと変わってゆく。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/361-59f76fbe
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する