2018.06.18

マルセイユ海岸散歩 白亜の館

イフ城を見ながらぶらぶら歩いていると、白亜の建物が現れた。
海沿いですから、タラソテラピーとかスパとか、そうした施設であるのらしい。
マルセイユ
建物自体も、100年もののようであるが、ずいぶんと瀟洒なたてもの。

シャトー・ベルジェというのだそうだ。
こうした、文字看板は、そういえば、シャンパンの町のランスや、エペルネーで見たなぁ。
たしかに、シャンパーニュの似合いそうな建物。
マルセイユ
なかなか、中に入ってというのは、自分には縁がなさそうであるが、目の前から、写真だけとって、再び散歩は続く。
気持ちだけは、豪華な気分に浸りつつ。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3561-a3ec1f71
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する