FC2ブログ
2008.10.24

写真の整理

南仏不明、写真の整理について
デジタルカメラを選ぶ話はさておき、本日は取った写真の整理の話だ。

実は、この写真、一体どこで取ったのか不明である。
何しろ、この写真の撮影データなどどこにもなく、取った順番にフォルダに入っているわけでもなくなっているから、よくわからなくなってしまっているのだ。
南仏のどこかの鷲ノ巣村で撮ったのではないかと思われる。

この写真は、ポジフィルムでの撮影であって、デジカメではない。
だから、帰国後に現像してそれをスキャンしたものなのである。

現在は大変便利だ。デジカメというのは、その場でも確認ができてしまうから、とんでもない失敗写真はそのとき撮り直すことができる。
以前はそうは行かない。撮れていたはずであっても、帰国してみてみたら・・・・・、ということはあるのだ。
それだけでもデジカメの威力は計り知れない。

せっかくデジタルカメラを買ったのだから、確実に写真を撮りたいし、確実に保管をしたい。
最も効率的なのは、パソコンを現地へ持っていってしまうことだ。
そこでカメラのデータをパソコンに入れることであるが、デジカメ背後の小さな画面では、なかなか見えないブレなんかもパソコンだとわかったりする。
もうひとつは、ファイル名やフォルダ名をその場でつけて、きちっと管理することが可能な点だ。

”帰国後でも順番にやればわかるよ!”という人もいる。
が、ものぐさなわしは、後で、膨大な写真を整理する気力など沸かぬのだ。

できるだけ撮影した日にある程度整理してしまうようにしている。

今回のような、何だかわからなくなってしまった南仏の写真は膨大にある。
100カットはコートダジュールだけでありそうだ。
薄れ行く記憶の中で、この写真を撮った記憶だけが残り、場所まで思い出すことは不可能になっている。
どこだという意味もあまりない写真ではあるが、早めに処理しておけば、この写真は、トゥーレットのものだよとか、ヴァンスのだよなどと整理することができたに違いない。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/355-5884eb28
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する