2018.06.03

コウウォンタヤ通りの道しるべ

コウウォンタヤと読む。
初学者の私にとっては、多分ね。

Lに斜め棒が付いたものは、ワ行である。
ポーランド語の場合、Wはヴ行であるから、ワはこの綴り。
Jはヤ行。
aに髭が伸びや物は、オン。
コウウォンタヤとなるのだ。
ヴロツワフ
Lに斜め棒が、二つ続くのが珍しいなと思い、看板を。

フランス語でも、帽子こと、アクサンシルコンフレックスや、ポーランドと似た、髭のセディーユはちょっと特徴的ですものね。

つづりだけでも、読めるようにしておくと、道を尋ねるのにも、少々通じやすくなる。
発音音痴の私には、カタカナ読みしかできないですけどね。
それでも、街歩きは格段に楽しめる。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3545-e1fa409a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ランキングから来ましたtakeshiです。
ポーランドの発音と文字難しいですね。
私、今ルーマニアに住んでいますが、
ルーマニア語の発音はそんなに難しくありません。
ただ特殊な発音がいくつかありますが、少し学べば
発音はできます。
また、訪問させて頂きます。
Posted by takeshi at 2018.06.03 23:54 | 編集
コメントありがとうございます。
ルーマニアにいらっしゃるんですね。
それぞれ国が違うと文化も違って、興味深いですね。
またお越しください。
Posted by 管理人 at 2018.06.07 07:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する