2018.04.14

ヴロツワフ駅にて

ヴロツワフに到着した。
ホームに降りて、丸屋根が印象的だ。
ワルシャワでは、都会のとある一駅といった趣だった西駅だったから、ああ、欧州の駅に来たと思える構造は、なんだか、旅人になった気分にさせてくれる。
旅人なんですけどね。
ヴロツワフ
乗ってきた車両は、切り離されて客車だけになっている。
哀愁漂う、客車の顔。
ヴロツワフ
振り返ると、ヴロツワフの文字。
この感じ、どこかで・・・。
そう、ドイツだ。
ドイツに近いからなのか?
ヴロツワフ
ポーランドでは、ここと、ワルシャワしか行っていないからわかりません。
ただ、ドイツの風を感じるような気もしました。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3495-b85609f6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する