2018.03.13

スミュール・アン・ノクソワのメゾンデュー

城壁下を歩いていると、木組みの家が。
かわいらしいので写真を。

Maison Dieu
よく見かけるような気がしますが、神の家?
スミュール・アン・ノクソワ
どうやら、日本でいうと、悲田院、施薬院の類になるんですかね。
貧しい人たちを救う施設のようなものなのか?
スミュール・アン・ノクソワ
日本でも、おそらく悲田院あたりは、仏教がらみで始まっているだろうし、とすれば、その考え自体も、渡来品なのかもしれません。
まあ、ほんとに、これがそういう施設なのか?もわかりませんし、旧メゾンデューなのかもしれませんけど。

ともかく、その可愛らしい建物を橋越しにもう一枚。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3462-1ba4f515
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する