FC2ブログ
2018.02.13

スミュール・アン・ノクソワ 城壁公園手前の通り

城壁脇公園へ向かうときに、夕日の当たる、蔦の絡まる家がきれいに見えた。
身ながら歩いていたわけじゃないが、背後に何かを感じて振り返る。
スミュール・アン・ノクソワ
振り返ると、この家だけが、輝いて見えていた。
ゆっくりとした、夜の時間が流れる。
おそらく、8時をまわっていたのではないか?
日の長い6月。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3434-630d20a2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する