FC2ブログ
2008.10.03

つわものどもが夢の跡

凱旋門賞表彰式
競馬の話も、これでしばらくお別れである。

凱旋門賞が終わると、表彰式が待っている。
この馬車によって、優勝騎手らがコースに現れる。
戴冠できるのは、毎年一頭のみのサラブレット。

もともと、この凱旋門賞などよりも、パリ大賞というレースの方が大きなレースであった。

パリ大賞=グランプリ・ドゥ・パリ

ナポレオン3世が創設し、英国の馬に上位独占されたレースである。

しかし、パリ大賞創設から150年の時が流れ、途中、新たに出来た秋のグランプリレースである凱旋門賞も90年の時を重ねて、世界に冠たるレースとなった。

今年、何頭目かの日本の馬が、このビッグレースに参戦する。


フランスでも、週末は、英語のウィークエンドと言う。
凱旋門賞ウィークエンドが明日から2日間、これでもかというほどの名馬が集まって祭典が始まる。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/338-85dbd43a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する