2017.10.08

マルセイユ石鹸を使ってみる

欧州の宿の場合、ホテルならともかく、アパートタイプの宿は、あれがない、これがないは結構多い。


キッチンはあるけど、鍋もフライパンもない。
トイレットペーパーが最初からない。
食器洗剤がない。
スポンジがない。
包丁がない。
カップがない。
シャンプー、リンスがない。
ごみ箱がない。


そのようなことはざら。
チェックリストってやつがないんでしょうな。


その代わり、
コーヒー、紅茶がある。
お菓子が付いてくる。
オリーブオイルがある。
キッチンペーパーがある。
なんてこともあり、まあ、一長一短。
マルセイユ石鹸
今回は、石鹸がない、スポンジがないだった。
ここは、個人系ではなくて、アパートタイプホテルのような感じなので、フロントで、ください!といってみた。

日本なら、「申し訳ございません、すぐお持ちいたします。」なんてなるのだろうけれど、フランスだろうと、それ以外の国だろうと、そんな感じではない。
「ああ、ほんと?じゃあ、後でもっていくように伝えとくわ!」ってな感じなのである。
もちろん、それが、スタンダード。
日本は、その意味では、どんな宿でも、おもてなし度数星2つ以上であると思われる。


だが、今回、石鹸は、最初からある備品に含まれていないのだそうだ。
あらら。

せっかく、マルセイユにいるんだからね、石鹸はマルセイユ石鹸で。
そう思って、スーパーに買いに行くと、果たして、マルセイユ石鹸しかなかった。
スーパーのプライベートブランドでも、マルセイユ石鹸。
地産地消。


これ、どれも、これも、デカい固形なんですよね。
なんとか、小さいのを見つけ、買ってきました。
シャンプー、シェービング、ボディソープすべての代わりとして。

結構よかった。
握れる大きさだったし、お土産に一つ二つでも買っていこうかな?
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://rvabeille.blog80.fc2.com/tb.php/3303-ff1af51b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する